本物の植物の葉を
自由に貼って
着彩するアート
ロゴマーク
手がうごくと、心がうごく
気持ちがうごき、
新しい自分が見つかる
失敗なんて、ないアート
出来たものが、今の自分。
経験で発見を楽しみ
「自分が好き」な、
作品にいつでも出会える。
Botany Painting

ボタニーペインティングとは

本物の葉をパネルに貼り付けて、彩色するアート。絵の苦手意識を感じずに簡単に楽しめます。
作品は世界で唯一のインテリアとして、あなたの空間を彩ります。デジタルの生活から、アナログのアートでリラックスを感じてください。
蓮の葉やモンステラ・カラテアルテアやインド菩提樹の葉があります。

横浜 三溪園でボタニーペインティング

蓮の花が美しく咲き誇る三溪園で開催される観蓮会(かんれんかい)にて、ボタニーペインティングのワークショップと作品展示を行います。ご家族連れで楽しめるこのイベントは、毎年多くの皆様にご好評をいただいております。自然の美しさと芸術が融合した特別なひとときを、ぜひご体験ください。

開催日:2024年7月20日(土) ・ 2024年7月21日(日) ・ 2024年8月3日(土) ・ 2024年8月4日(日)

詳しくはこちら
フジTV「LIVE NEWS イット」に出演

フジTV「LIVE NEWS イット」に出演

フジテレビアナウンサー木村拓哉さん パートナー講師の皆様と「ボタニーペインティング」に挑戦しました。
全国放送で紹介して頂きました!『Live News イット!』(フジテレビ・FNN 系列)木村拓哉さん、スタッフの皆様ありがとうございました。

フジTV「ノンストップ」に出演

フジTV「ノンストップ」に出演

設楽統さん,三上真奈さん、小藪千豊さん、ハイヒールリンゴさん、ハリー杉山さん、「ボタニーペインティング」に挑戦しました。

次のステップに進む

ボタニーペインティングを始めてみませんか?あなたにぴったりのコースやワークショップが見つかるはずです。

ボタニーペインティングの魅力

ボタニーペインティングは、自然の美しさと人間の創造性を結びつけたユニークなアートフォームです。このセクションでは、その魅力について詳しく紹介します。

歴史と背景

ボタニーペインティングの起源は、古代の植物を用いた装飾技法にさかのぼります。東南アジアの伝統からインスピレーションを受け、日本に導入されたこのアートは、自然の植物を使って美しいパネルアートを作成するものです。ボタニーペインティングは、自然の素材を尊重し、その美しさを最大限に引き出すことを目的としています。

技術とプロセス

ボタニーペインティングは、まず植物の葉を慎重に選び、乾燥させるところから始まります。その後、特別な技術を用いて葉をパネルに固定し、彩色を施します。このプロセスは非常に手間がかかりますが、その分、完成した作品は一つ一つが唯一無二のものとなります。蓮の葉、モンステラ、カラテアルテア、インド菩提樹など、さまざまな植物が使用されます。

体験談

多くの参加者が、ボタニーペインティングを通じて新たな発見をしています。例えば、ある参加者は「このアートを通じて、植物の美しさと自分の創造性を再発見することができました」と語っています。また、別の参加者は「ボタニーペインティングは、日常のストレスから解放され、リラックスするための最高の方法です」と言います。こうした体験談は、ボタニーペインティングの魅力を物語っています。

植物の種類とその魅力

ボタニーペインティングで使用される植物は、各々が独特の魅力を持っています。蓮の葉はその独特な形状と模様が特徴で、神秘的な美しさを持っています。モンステラの大きな葉は、力強さとエネルギーを象徴し、カラテアルテアの葉は、その繊細な模様と色合いが魅力です。インド菩提樹の葉は、歴史と伝統を感じさせる神聖な雰囲気を醸し出します。

ボタニーペインティングの未来

ボタニーペインティングは、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。このアートは、自然と人間の創造性を融合させ、私たちの日常生活に新たな視点とリラックスをもたらします。あなたもぜひ、ボタニーペインティングを体験してみてください。